ぼくの勤めている会社はいわゆる9時出社。

東京の青山にオフィスがあるので渋谷駅か表参道駅から歩くわけなんだけど、当然朝のラッシュ時間帯は修羅場。

以前は8時ごろに渋谷駅に着くようにしていたんだけど、混雑やらストレスやらで会社に着いた時点で疲れてしまっていることがほぼ毎日でした。

きっかけは意識低い系

そんなある日、ギュウギュウの満員電車に揺られていると悲しい出来事が・・・。

汗でビッショリのオッサンに密着されました。

翌日から早起きしてました笑

今まで何回トライしてもできなかったのに人生何がきっかけになるか分からないですね。

残念ながら「自己啓発のために!」「健康のために!」みたいな意識高い系のきっかけじゃなかったけど、結果とても良かったです。

色々な本でも早起きを推奨してるけど、自分でやってみてやっぱ効果あるなーと感じてます。

最初は早起きつらかった

7時に渋谷駅に着こうと決めたんですけど、そうすると逆算して5時半ぐらいに起きないといけないんですよね。

小さい頃から早起きがニガテだったので、継続するために他にも”早起きするモチベーション”を見つけました。

それは「某カフェに行って店員さん(可愛い&笑顔がステキ)に挨拶してもらう」。

ふ、不純でもいいじゃないか!

歴史上の偉大な人たちだってそもそも動機は(略

おかげさまで早起きを続けることができ、今では生活リズムとして体に染みこんだので不純な動機がなくても大丈夫です(キリッ

ストレス&疲労が激減

当たり前だけど朝の混雑から脱出したことでストレスと疲労が激減。

渋谷といえども朝7時前後はまだ人も車も少ないので歩きやすい。

なんなら「他の人とは違うことしてるぜ」っていう優越感もある。(器がちっちゃい

これが思った以上に快適で、天気のいい朝には「今日も頑張ろう!」なんて気持ちになれたりするんだから人間の脳って単純。

まさかのポジティブに物事を考えることができるようになりました。

朝の1時間で出来ることが増えた

せっかく早く着くようにしたのに、早く会社に行っちゃうのはもったいない!

ぜひともその1時間を自分への投資に使ってほしい。

ぼくも読書したり勉強したりしていたけど、最近はもっぱらブログ書く時間にしています。

朝の空いているカフェでコーヒー飲みながら取りかかると捗るのなんのって。

ちなみに新聞は電車に乗ってる20分間を活用してiPadで日記を読んでます。

早寝するためにTVを見なくなった。

これも大きな変化の一つかな。

ぼくは6時間睡眠が一番カラダに合うので5時半起きをしようと思うと23時半には寝ないといけない。

ずっと2時ぐらいに寝るのが当たり前だったので自分でもビックリだけど、よく考えたらその時間にしていたのってTVやPCで動画観たりしていたぐらい。

思い切って早く寝るようにしたらTV見なくなったんだけど、驚くほど何の支障もない。観たいドラマとかは動画配信サービスで大体カバーしてるしね。

自分で自由時間を満喫していたようでいて、実は時間に縛られていたんだなと気付かされました。

あと、5時半に起きるのでどっちにしても23時過ぎるとめちゃくちゃ眠たくなるっていうね。

そうなっちゃえばもう生活サイクルは変わったようなもんです。

他にもメリットがたくさん

色々書いたけど通勤電車を1時間早くして本当に良かったと思ってます。

電車遅延が発生した際のリスクヘッジにもなるしね。

同僚たちに話を聞くかぎりでは、ぼくと同じようなことをしている人は数えるほどしかいない。

みんなの反応を見る限りでもおそらく”少数派”の行動だろう。

キャリアアップしていくためには100人に1人、1000人に1人の人材になっていかないといけないわけだけど、そういう意味では手始めとしてうってつけじゃないかと思う。

明日から1時間早い電車に乗って通勤してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

某ライフスタイルブランドのチームマネージャーをやっている30代。 ”デキる人になりたい(チヤホヤされたい)”という下心で頑張っています。 仕事の考え方、マネジメント論、コダワリ等について小ネタをお届けしていきます。